REEF TIGERの歴史

リーフタイガーは時計の本場スイスで創業以来、優れた職人技と卓越したデザイン、魅力的な価格によって人々の心を魅了してきました。

今から数百年前までは時計は非常に高価な嗜好品で、一部の裕福な人のみしか持つことが出来ませんでした。
スイスのデザイナーStephane Reefと、英国の貴族Leandro Tigerは腕時計を一般の人にも普及させたいというお互い共通の『夢』を持っていました。

Stephane Reefの優れた時計製作技術とLeandro Tigerの強力な資金援助、そして継続的な開発と改良、
スタイリッシュで活気に満ちたブランド、時計製造業への情熱と信念を基盤にREEF TIGERは誕生しました。

しかし、第二次世界大戦が始まると、スイスの時計業界全体が大きな不況に巻き込まれ、
Reef Tigerを含む多くの時計メーカーが衰退していく道をたどる事になりました。

1995年に、この2つの創業者の子孫たちは、近代的な機械技術と経営戦略を活かし、5世代目の子孫Michae ReefとAudrey Tigerを率いて、
今世紀の時計ブランドとしてREEF TIGERを復活させることを決定しました。

彼らは、この歴史ある時計ブランドに新しい時代の若い活力を注ぎ、ブランドの復活を成功させました。

2011年、リーフ・タイガーはヨーロッパ、アメリカ、アジア、世界市場への参入を果たし現在に至ります。

日本でのブランド展開は、2017年より本格的な参入を果たしております。